ロン? ロング?

中国で見つかった恐竜には「グアンロン」「ディロン」「インロン」のように「○○ロン」という名前のものがいくつかいます。

この「ロン」はアルファベット表記だと「long」なので、「グアンロン」「ディロン」などのように、末尾に「グ」を付けて書かれることがあります。

まぁ、こういうのはよくあることです。

hongkongはホンコン(香港)だけど、kingkongはキングコングですよね。

かの有名なティラノサウルスも、昔は「チラノザウルス」「タイラノサウルス」と表記されていました。
最近では「ティラノサウルス」と書かれることが多くなりましたね。(その方が本来の発音に近い)

外国語の音を無理やりカタカナにしているので、そういう誤差が生じるのは仕方ありません。

しかし私は、中国の恐竜の「long」に関しては、頑なに「ロン」と発音し続けます。

「ロング」とは言いたくありません。

なぜなら……

この「ロン」は漢字で「龍」なんです。

つまり、グアンロンのことを「グアンロング」と言ってしまったら、私が子供のころから愛してやまない漫画「ドラゴンボール(集英社)に登場する神龍のことを「シェンロング」と言わなければならないのです!

そんなのイヤだ!!


※ちなみに「グアンロン」「ディロン」「インロン」は、
それぞれ漢字で「冠龍」「帝龍」「隠龍」と書きます。


コメントする