トリケラトプス

Triceratopsトリケラトプス  horridus  ホリドゥス

生息時期:白亜紀後期
生息地域:北アメリカ
全長:9m
名前の意味:3本角の顔

Momotarou2012, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

恐竜時代の後期に進化して多くの種が表れた「角竜類」の中でも、最終形態にして最大の種。

特徴的な3本の角は、目の上の2本が「上眼窩角」、鼻先のものが
「鼻角」と呼ばれる。

えり飾りの周りについてる小さなトゲはホーンレットと呼ばれ、
子供の時は尖っているが、成長するにつれて丸くなってくるらしい。

「トリケラトプス・ホリドゥス」と「トリケラトプス・プロルスス」の2種が確認されているが、一般的なのはホリドゥスの方。


コメントする