トロサウルス

Torosaurusトロサウルス  latus  ラートゥス

生息時期:白亜紀後期
発見場所:北アメリカ
全長:7~9m
名前の意味:(フリルが)貫通しているトカゲ

トリケラトプスにそっくりな姿をしていて、住んでいた場所や時代もトリケラトプスと重なります。

そのことから「新種ではなく、トリケラトプスの老体では?」という説もありましたが、今は否定されてます。(詳しくは隣のパネルを参照)

トリケラトプスよりもフリルが大きく(長く)、頭の大きさは陸上生物で最大と言われています。


当館の作成・運営は館長が一人で行っており、それらを無償公開しています。

少しでも「この人、頑張ってるなぁ〜!」と思っていただけたらコーヒーを1杯ごちそうするくらいの気持ちでご支援いただけると、とても嬉しいです!!


コメントする