セントロサウルス

Centrosaurusセントロサウルス  apertus  アペルトゥス

生息時期:白亜紀後期
発見場所:北アメリカ
全長:6m
名前の意味:角のあるトカゲ

カナダで数千頭を超える数の化石が見つかっていて、巨大な群れを成して生活していたと考えられています。


当館の作成・運営は館長が一人で行っており、それらを無償公開しています。

少しでも「この人、頑張ってるなぁ〜!」と思っていただけたらコーヒーを1杯ごちそうするくらいの気持ちでご支援いただけると、とても嬉しいです!!


コメントする